クレジットカードの借入れが増えたら

計画的な返済ができなくなっていませんか?

住宅ローンの返済ができないからクレジットカードでキャッシングしてはいませんか?

クレジットカードの利用やキャッシングの利用をしていたら、返済がだんだん苦しくなりついにお金が返せない状態になってしまった。そんなことありますよね。

滞納も1か月程度であればまだ良いのですが、債権者からの督促が来ても長期間に渡って滞納と言う事になると信用情報機関いわゆるブラックリストに事故情報が記載されてしまいます。

このまま滞納をし続け、督促も無視し続けているとブラックリストに自己情報が記載されるばかりではなく、カードの限度額が引き下げられ、最終的には新規や更新のクレジットカードが発行されなくなってしまうのです。

では、借金が返せない場合、どの様な対処をしたら良いのでしょうか。 一番良くないのは、返せるお金ができるまで、連絡をせず、無視をしてしまうことです。

印象も悪いですし、金融機関側からすれば、「お金の算段をしていたから連絡が出来なかった」といういいわけは耳にタコができるほど、よく聞いている話ですから、信用しませせん。

正直に事情を説明するためにクレジットカード会社などの債権者に連絡をして、返済の相談をすることです。この際に返済計画を作っておくと良いでしょう。 債権者側も貸し金の回収が出来ないと困ってしまいますので、ある程度は返済計画の相談に乗ってくれるはずです。

この時に、今までの経緯と現状、そして今後の見込みをしっかり説明することが費用です。

しかし、それでもどうにもならなくなった場合は、債務整理をする事が解決への一番近道です。

特に債務整理の中でも自己破産か任意整理で解決するのが早い解決への方法です。 もちろん信用情報機関(ブラックリスト)に自己情報として記載されますが、ある一定の期間が過ぎると自己情報は消滅しますので、クレジットカードなどが一生作れない訳ではありません。

この様に借金の返済は放っておかず、債務整理等でしっかりと解決しておく事が成功への近道になります。 今後の生活を成功へと導く為に、借金を放っておかない様にしましょう。

ページのトップへ戻る